【ZEH】と【LCCМ住宅】の違いとは?

一口に省エネ住宅と言っても、長期優良住宅や認定低炭素住宅、ZEH、LCCМ住宅など様々な種類があります。そのため、それぞれの違いが分からないという方も非常に多いかと思いますが、ここではZEHとLCCМ住宅の違いについて解説していきます。

そもそもZEH(ゼッチ)とは、NetZeroEnergyHouseの略で、太陽光発電などで作られるエネルギー量が住宅内で消費されるエネルギー量と同等、もしくはそれ以上になることを目指した住宅のことを指します。現在は、環境省・国土交通省・経済産業省が連携してZEHの普及に力を入れていますが、このZEHを上回る省エネ住宅として注目されているのがLCCМ住宅です。LCCМ住宅は、LifeCycleCarbonMinusの略で、住宅のライフサイクルを通して二酸化炭素の収支をマイナスにする住宅のことを指します。住宅のライフサイクルとは、建築から廃棄に至るまでの住宅の一生を意味しています。

ZEHとLCCМ住宅は、どちらも太陽光発電によってエネルギーを作り出し、排出される二酸化炭素量を補填する住宅です。しかし、ZEHは居住中の二酸化炭素の排出量を実質ゼロにすることを目的としているのに対し、LCCМ住宅は建築・解体・処分の際に発生する二酸化炭素量も考慮しており、トータルでの二酸化炭素排出量を実質マイナスにすることを目指しているという違いがあります。例えば、建築段階においては二酸化炭素の発生量が少ない建材を選択する、廃棄・処分の際はリサイクルを積極的に行うといった取り組みが行われています。

LCCМ住宅は地球環境に優しいだけでなく、断熱性や気密性が非常に高いという特徴があるため、冷暖房による消費エネルギー量が少なくなり光熱費の節約が実現可能です。加えて、建物内の温度変化が少なくなるので冬場に起こりやすいヒートショックのリスクを軽減することもできます。一方で、注目度が高まったのはここ数年のことなので、対応している建築・住宅会社が少ないというデメリットがあります。また、初期費用が高額になるのも大きなデメリットとなりますが、LCCМ住宅を建てる際は補助金の交付が受けられます。国土交通省が実施するサステナブル建築物等先導事業では、平成30年度にLCCМ住宅部門を創設しており、1戸あたり上限125万円の補助金を受けることができるので、初期費用の負担を軽減することが可能です。