住んでいる家を省エネ化するための方法

省エネ住宅は、エネルギー消費量を抑えられるので光熱費を削減できるとともに、夏は涼しく冬は暖かい快適な住環境が実現できるというメリットもありますが、既存の住宅でもリフォームによって省エネ化することが可能です。具体的には、断熱性能や日射遮蔽性能を向上させるリフォームを行うことで省エネ化を図ることができます。

非常に手軽に行える方法としては、窓やドアといった開口部の断熱をすることが挙げられます。特に、窓は熱の出入りが最も多い箇所なので、複数のガラスから構成される複層ガラス(ペアガラス)などの断熱性能が高い窓ガラスへ変更したり、既存の窓の内側にもう一枚窓を設ける二重窓(内窓・二重サッシ)を導入したりするだけでも一定の効果が得られます。

加えて、壁・床・天井などの断熱材を高性能なものへと変更するのも非常に有効ですが、断熱材は壁・天井・床の6面に施工するのが基本です。断熱リフォームは、壁・天井・床など個別で行うことも可能ではありますが、一部分のみを高性能な断熱材へと変更しても、それ以外の部分から熱が逃げてしまうので効果的ではありません。そのため、断熱リフォームを検討する際は可能な限り壁・天井・床を一度に行うことをおすすめしますが、もし予算の都合から建物全体をリフォームするのが難しい場合は、リビングやヒートショックのリスクが高い水回りなど限られたエリアのみリフォームすると良いでしょう。

さらに、窓ガラスなどから室内に侵入する日射は、夏場に室内温度を上昇させる大きな要因となるため、日射遮蔽性能を向上させる工事を行うのも効果的です。具体的には、庇や軒を設ける、太陽の放射熱を低減できるLow-E複層ガラスを導入するといった方法が挙げられます。

また、太陽光発電システムや家庭用燃料電池を導入するのも省エネ化につながります。太陽光発電システムを導入して発電した電力を自家消費すれば、電気事業者から購入する電力量を減らすことができますし、実質的なエネルギー消費量をゼロにすることも夢ではありません。家庭用燃料電池は、都市ガスやプロパンガス(LPガス)から取り出した水素を空気中の酸素と反応させることで発電するシステムです。発電時に発生する熱はお湯を沸かすのに活用され、給湯や床暖房に利用します。発電時に二酸化炭素が発生しないので地球環境に優しく、排熱も有効活用するシステムなので住宅の省エネ化に大きく貢献してくれシステムと言えるでしょう。