住宅の省エネルギー基準とは?

断熱材の入った壁

省エネ住宅は、従来の住宅よりもエネルギー消費量が抑えられる住宅のことを指しますが、省エネ住宅の基本となっているのが国土交通省が定めている省エネルギー基準です。省エネルギー基準とは、エネルギーの使用の合理化に関する法律に基づいて制定された基準で、昭和55年の制定以来時代に合わせて平成4年・平成11年・平成25年・平成28年と改正が重ねられています。最新の基準では、住宅の省エネルギー性能は外皮性能と一次エネルギー消費という2つの基準で評価されます。

外皮性能とは、外壁・床・屋根・天井・窓などを通してどの程度熱が損失しにくいのかを表したもので、断熱と日射遮蔽の2つの項目で評価されます。断熱とは、建物内外の熱の移動を少なくすることで、壁・床・天井などに断熱材を施したり窓を二重にしたりすることで断熱性能を向上させることが可能です。なお、この断熱性能を測る指標となるのが外皮平均熱貫流率(UA値)で、建物が損失する熱量の合計を外皮面積で割ることで算出されます。このUA値が小さいほど、建物の外へ熱が逃げにくく省エネ性が高いことを意味しています。

また、夏場に稼働させる冷房器具の稼働効率を高めるには、室内温度を上昇させる要因となる日射を遮ることが重要です。例えば、屋根や外壁に施す塗料を遮熱塗料にしたり、窓の上に庇をつけたりすることで対策可能ですが、日射遮蔽性能を評価する際に使われるのが冷房期の平均日射熱取得率(ηAC値)です。ηAC値は、建物が取得する日射量の合計を外皮面積で割ることで算出される指標で、値が小さいほど建物内へ入る日射量が少なく、冷房効率が高いことを意味しています。

平成25年以降の省エネルギー基準では、冷暖房・照明・給湯などによるエネルギー消費に対する基準も設けられました。ただし、家庭内で使われるエネルギーの形態は電気や都市ガスなど様々なので、エネルギー消費量は電気などへ変換される前の一次エネルギーで評価されます。また、太陽光発電を導入している場合は、住宅内の一次エネルギー消費量から太陽光発電で作り出したエネルギー量を差し引くことが可能です。

なお、日本国内と言っても、北海道をはじめとする寒冷地と沖縄などの温暖地では必要となる住宅性能が大きく異なります。そのため、省エネルギー基準では日本全国を気候条件に応じて8つに区分し、それぞれの地域ごとにUA値とηAC値の基準値を設定しています。