太陽光発電のメリット・デメリットを解説

マイホームを建てるにあたり、太陽光発電システムを導入すべきか迷っている方は非常に多いかと思いますが、システムにはメリットとデメリットの両方があります。

太陽光発電システムを導入するメリットとしてまず挙げられるのは、電気代に節約につながることです。太陽光発電システムによって作り出した電力は、家庭内で使用することが可能なので、電気事業者から購入する電力を減らすことができます。発電できる電力は、天候や設置条件などによって大きく変わりますが、発電した電力を自家消費することで電気代が0円になるケースも珍しくありません。また、電気料金は石油や天然ガスなどの燃料費の高騰や、再生可能エネルギー発電促進賦課金の導入などの要因によって年々上昇しています。今後も電気料金値上げの動きは加速していくと言われていますが、太陽光発電システムを導入しておけば、電気料金値上げの影響を最小限に留めることが可能です。

加えて、太陽光によって発電した電力は自家消費するだけでなく、電力会社へと売却できます。住宅用の10kW未満のシステムの場合、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)と呼ばれる制度により、10年間は決まった金額で売却することが可能です。2021年度の売電価格は19円/kWhとなっていますが、10年間を過ぎた場合でも電力会社と契約を結べば売電を続けることができます。

また、災害時や停電時の備えになるのもメリットのひとつです。太陽光発電システムは、災害などで停電が起こっても太陽さえ出ていれば発電できます。普段と全く変わらない生活を送るのは難しいかもしれませんが、停電時でも冷暖房や冷蔵庫といった電化製品が使えるとともに、テレビやスマートフォンでの情報収集が容易になるのは大きいと言えるでしょう。

以上が太陽光発電システムを導入する代表的なメリットとなりますが、一方で太陽光発電システムは導入コストが高いという事があります。導入コストはメーカーや面積などによって変動しますが、基本的には100万円以上の費用がかかります。太陽光発電システムの導入コストは年々下がってはいるものの、手軽に導入できるほどの金額ではありません。

また、発電量が天候に左右されるのもデメリットのひとつです。曇りの日や雨の日でも発電できるものの、晴れの日と比べると発電量は大幅に減少します。特に梅雨の時期や日照時間が短い冬場は、思ったように発電できないことが多くなるので注意が必要です。さらに、効率的に発電を維持するための定期的なメンテナンスが必要になります。

このように、太陽光発電システムにはメリットだけでなくデメリットもあるので、導入を検討する際は十分に理解しておくことが大切です。