省エネ住宅の「Q値」とは?

省エネ住宅は、一般的な住宅よりも断熱性能が高いという特徴がありますが、住宅の断熱性能を測る指標の一つがQ値(熱損失係数)です。Q値とは、壁・床・天井・屋根・窓などからどの程度熱が逃げていくのかを数値化したもので、住宅全体の熱損失量を延床面積で割ることで算出されます。値が小さいほど熱が逃げにくい、値が大きいほど熱が逃げやすいということを意味しているため、数値が低いほど断熱性能が高いと判断することが可能です。

しかし、Q値は住宅の形状や延床面積の大きさに影響を受けるという問題があります。例えば、同じ断熱材を使っていたとしても、複雑な形状の住宅よりも単純な形状の住宅の方が、延床面積が小さい住宅よりも大きい住宅の方が数値が小さくなります。Q値は、省エネルギー基準における断熱性能を評価する際の指標として採用されていましたが、このような特性を利用して住宅の断熱性能を高く見せようとするハウスメーカーや工務店が増えたこともあり、平成25年の改定以降の省エネルギー基準(次世代住宅省エネ基準)ではQ値ではなくUa値が採用されています。

Ua値とは、外皮平均熱貫流率のことで、Q値同様に建物外部への熱の逃げやすさを数値化した指標です。値が小さいほど断熱性能が高く、値が大きいほど断熱性能が低いことを意味していますが、住宅全体の熱損失量を延床面積で割るQ値とは異なり、Ua値は熱損失量を総外皮面積で割ります。外皮とは、壁・床・天井・屋根・窓・開口部・基礎といった住宅の外周部分のことを指します。住宅全体の熱損失量を総外皮面積で割ることで、住宅の形状や延床面積によって数値が変動しないので、より正確な断熱性能を示すことが可能です。

このような特徴があるため、現在の省エネルギー基準ではこのUa値が断熱性能を評価する指標として採用されています。そのため、ハウスメーカーや工務店を比較する際は、Ua値で比較することをおすすめします。ただし、Ua値は換気による熱損失が考慮されていないという問題があります。一方のQ値は換気によって生じる熱損失を考慮した指標となっているので、換気システムを含めた断熱性能を知りたい場合は参考にすると良いでしょう。

また、Q値とUa値はどちらも実測で割り出される指標ではなく、設計段階で算出される理論上の数値であることを念頭に置いておく必要があります。完成後の建物の性能が、設計通りの性能を実現できているとは限らないので注意しましょう。